クロスバイクの上手なペースの作り方

2014-09-29

クロスバイクで楽に長く走るためには自分にあったペース作りが大切。

クロスバイク

頑張る時間と楽をする時間の差をできるだけ小さくすることがポイントです。

スタートする時のギアを軽くする

信号なとで止まったあと、重いギアで力一杯回すと必要以上に疲れます。
膝間接にも負担が大きいので、軽めのギアでスタートしましょう。
止まっている間は変速しても変わらないので、停止前にクロスバイクの変速操作を済ませる習慣をつけます。

登り坂は頑張らない

急な坂が続くときは、平地とできるだけ同じペースの力でペダルを回します。
クロスバイクのスピードが落ちるのでつい頑張ってしまいますが、ギアを軽くして、一定の力で回します。
登り坂で頑張らないことが安定したペース作りに役立ちます。

軽く息が上がるペースを維持する

長時間走り続けられる効率的なペースは少し息が上がるぐらいの運動です。
具体的には人と会話しながら走れるぐらいの運動強度です。
向かい風も、追い風も、ギアを変えながらこのペースを維持します。

これら3つのペースを保つことに注意すれば、楽に長くクロスバイクで走ることができます。

このクロスバイクを評価してください。