スピードが1.5倍出るクロスバイク ペダリングテクニック

2014-11-06

クロスバイクのペダルを上手に回して楽に遠くに行く方法

クロスバイク ペダリング

踏み下ろしをやめる

ペダルの軌道は円を描くように回転します。
走るときのように足を踏み下ろすだけでは効率が悪いのです。
ペダリングモニターで計測すると、一般のクロスバイクライダーは6割の力を無駄にしています。
上手に回せる人でも4割は自転車の推進力になっていません。

円運動が基本

ペダルの回転方向に沿って力を入れることで、筋肉を100%活用したペダリングができます。
理想はペダルの頂点は前に、最下点は後ろに踏み込むことが求められます。
ペダルの位置によって力の角度が変わり続けるので初心者にはかなり難しいスキルです。

まずは引き足にトライ

クロスバイクのペダリング改善の第一歩は後半の回し方を変えることです。
普段は踏み下ろす方に意識が向きますが、ペダルが下死点から頂点に向けて上がってくる期間が初心者にとって大きなロスの原因です。
このペダリング後半部分で意識して足を持ち上げれば、平均速度がアップします。
自転車業界用後では引き足と呼ぶ動きです。
ペダルの下死点から後ろに向けて蹴りだしながら、徐々に足を上に持ち上げます。
引き上げることでを意識して、後ろの足が回転の妨げになるのを防ぎます。

頂点の蹴り出しをプラス

ペダルの頂点で足を前に蹴りだせば、さらに効率が上がります。
サッカーボールを蹴るようなイメージで足を前に出します。
この時、膝下だけでなく、太ももを含めて足全体で蹴りだします。

引き足と蹴りだしの両方を使えばクロスバイクのペダリング効率が1.5倍になります。

[AmazonAD][RecommendModel][クロスバイク準備リスト]

このクロスバイクを評価してください。