歩道の走り方 クロスバイクで安全に街を走る方法

2016-07-14

実は一番自転車事故が多い場所は歩道です。

自転車で街を走ると危険がたくさんあるように思いますが、車との事故においても歩道が一番危険です。

クロスバイク安全

クロスバイクはどこを走るのがいいの?

自転車は車道を走るのが原則です。

どうしても車道が危険な時だけ、人が歩く速度で歩道を走ってよいことになっています。

道路交通法の観点ではクロスバイクは常に車道を走る乗り物です。

 

普段歩道を走っている人からすると、車道の方が危険に感じますよね。

歩道を走ることの危険性を考えてみます。

 

歩道が危険な理由

 

車から歩道の中にいる人はほとんど見えていません。

歩道にいるから、車道に来ないと考えているのです。

歩道を走っている人が交差点に入ると、車道と交わることになります。

その瞬間に急に車と自転車が交わることになり、事故が発生します。

クロスバイク 交差点

 

車道を走っていれば、左折する車に対して事前に存在をアピールできるので、巻き込まれる心配が減ります。

 

追突の危険性

オートバイの事故を見ると、追突は全体のわずか5%です。

右折やスリップなど、運転側に責任がある事故大部分を占めます。

自転車は速度が遅いので追い越される回数は多くなりますが、車道を走っていて追突という可能性はかなり少ないです。

 

自転車事故の割合を見ると、交差点での出会い頭衝突が全体の半分です。

車道を走れば出会い頭衝突の大部分は防げるので、車道を走った方が追突のリスクと差し引きしてもメリットはありますね。

 

 

車道からの左折車

車から歩道を走っているクロスバイクは見えていないことが多いです、

交差点を直進する自転車に横断歩道上で衝突する事故を避けるためには、車道を走るのが一番です。

 

幹線道路への合流

大きな道路の歩道を走っていると、左右の歩道からの交差点があります。

自転車や子供が急に飛び出してきて事故になるケースが頻発しています。

できるだけ車道よりを走って交差点の出口と距離をとりましょう。

 

クロスバイクは原則車道を走ることがルールですが、やむを得ず歩道を走らなければいけない時もあります。

そんな時に事故を起こさないために上記の危険な点に注意して走りましょう。

 

 

車道を安全に走るための情報はこちら

 

このクロスバイクを評価してください。