クロスバイクの安全なコーナリング

クロスバイクを安全に乗りこなすためのカーブテクニック

事故がおきやすいカーブの走行中はちょっとしたコツで安全に走ることができます。

ブレーキレバーの握り方

コーナリング中にブレーキを操作することはほとんどありません。

コーナーに侵入する前にしっかりと減速してから曲がり始めます。

ゆっくりとしたコーナーでクロスバイクのスピードコントロールをしたい場合は2本指で軽くかけるようにします。

重心の位置

コーナー進入前はブレーキで前方に重心が移動するため、やや体重を後方に移動してバランスをとります。

コーナーに入る直前に曲がる側に体を傾けて重心をイン側に移動します。

コーナリング中はクロスバイクの中心に乗ることを意識して、旋廻を終えます。

ハンドル操作

曲がる直前に軽くハンドルをコーナーのアウト側に切ります。

ほんのちょっとハンドルを切るとスッとクロスバイクがコーナーのイン側に倒れこみます。

コーナリング中はハンドルに余計な力を入れないようにリラックスします。

ペダリング

クロスバイクがイン側に倒れこみ始めたら、ペダリングを止めます。

イン側のペダルを上に、アウト側のペダルを下にして、ペダルが地面に接触しないようにします。

 

まとめ

コーナーに入る前にハンドル操作と体重移動できっかけを作り、コーナリング中はリラックスして何もしないのが安全のコツです。

このクロスバイクを評価してください。