ライトウェイ シェファード2019年モデルを買ってよいか考える

2018年モデルで新たに販売されたライトウェイのシェファードのスペック、乗り心地、使い勝手をチェック

riteway shepherd 2018

今まであったシェファードシティーはそのまま継続販売で、新たにシェファードが追加されました。

700Cサイズのシェファードシティについてのインプレッションはこちら

価格

税抜き¥55,800

後ほど説明するブレーキ、BB、ハブもシマノ。

ポリッシュパーツなどを考えるとかなりお買い得な価格設定です。

他のフロントシングルクロスバイク価格例

ターンのクラッチ¥51,000
650Cサイズのタイヤを装備したスタイリッシュなアーバンクロスバイク
詳しくはこちらのページで紹介しています。
https://crossbike.biz/wpdata/clutch/

TOKYOBIKE¥66,000
クラシックな外観のかわいいクロスバイク
詳しくはこちらのページで紹介しています。
https://crossbike.biz/wpdata/tokyobike-26/

カラミータ チャオ¥58000

その他メジャーなクロスバイク価格表

ブランド モデル名 価格
ジャイアント  エスケープR3 ¥52,000
ビアンキ  CSPORT1 ¥59,800
ビアンキ  ローマ4 ¥75,000
ブリヂストン  F24 ¥52,800
コーダブルーム レイル700 ¥60,000
コーダブルーム レイル700A ¥45,000
トレック FX1 ¥45,000
ライトウェイ シェファード ¥56,000
ライトウェイ シェファードシティ ¥57,800
ジオス ミストラル ¥51,000
フジ パレット ¥57,000

シェファードの重量

シェファードはサイズ別で重量スペックが出ています。
24″(10.1kg)
26″(10.6kg)
700C(10.9kg)

どのサイズも10キロ台。

タイヤは38Cと太いにも関わらずこの軽さなので、他ブランドと重量比較してもシェファードは最軽量の部類です。
タイヤを28Cに交換すると0.5kgは軽くなるので、9キロ台も余裕で行ける。
フロント変速が無いのでギアとシフターが無い分だけ軽めな仕上がりという面もある。

ブランド モデル名 重量
ジャイアント  エスケープR3 10.7kg
ビアンキ  CSPORT1
ビアンキ  ローマ4
ブリヂストン  F24 11.7kg
コーダブルーム レイル700 9.4kg
コーダブルーム レイル700A 11.1kg
トレック FX1 12.55kg
ライトウェイ シェファード 10.1kg
ライトウェイ シェファードシティ 10.9kg
ジオス ミストラル 10.8kg
フジ パレット 10.8kg
キャノンデール クイック7 12.08kg

カラー展開

定番のブラック、ホワイトに加えて、グレー、レッド、ネイビー、オリーブの6色展開。

仕上げはどれもマットで、上質感があります。

ネイビーやオリーブなどはオシャレで普段着にも合わせやすそうです。欧米系の自転車ブランドではあまり見られない色が特徴です。

シェファードインプレッション シェファード 2018 ライトウェイ クロスバイク2018 ライトウェイ クロスバイク シェファード2018 riteway shepherd 2018

サイズ

サイズの設定方法がユニークで、

  • 460サイズが24インチホイール
  • 510サイズが26インチホイール
  • 570サイズが700Cホイール

となっています。

普通のクロスバイクは全サイズ700Cが一般的で、身長150cmの人も、180cmの人も同じホイールサイズで設計されています。

身長175cmの人には700Cが丁度よいですが、実際は低身長の人にはかなり大きなホイールサイズです。

トーキョーバイクやターンで650Cホイールが採用されているのも同じような理由です。

シェファードではさらに踏み込んで、24インチホイールモデルも組み込まれています。

友人の身長155cmの女性が700Cのクロスバイクを買いましたが、身長に対してホイールがかなり大きく乗りづらいそうです。

700Cサイズはママチャリで言うと27インチに近いので、そんな大きいホイールの自転車は175cm以上ある人しか買いません。

ママチャリだと26インチが主流で、最近では電動自転車を中心に大人用の24インチのモデルもかなり増えてきました。

ありそうで無かった大人用の24インチのクロスバイクは小さな人には理想的な設計だと思います。

700Cと24インチの違いを考えてみます

700Cのメリット

  • 段差を乗り越える走破性が高い
  • スピードが落ちにくい

24インチのメリット

  • 加速が軽い
  • 重量が軽い
  • 身長が高い人と同じライディングポジションが取れない
  • 自転車を降りた時に駐輪や移動がしづらい

それぞれのメリットの反対がデメリットになります。

700Cのデメリット

  • 加速が重い
  • 重量が重い
  • 身長が高い人と同じライディングポジションが取れる
  • 手足が短くても自転車を降りた時に駐輪や移動がしやすい

24インチのデメリット

  • 段差を乗り越える走破性が低い
  • スピードが落ちやすい

700Cホイールは走破性が高いことがメリットですが、トータルの走りやすさだと身長160cm以下の人には24インチの方がおすすめです。

販売店の評判も良いようです。

サイクルデイズシェファードの感想

今回から少しハンドルの位置を低くして、よりお尻が痛くなりにくくなりました。

前作に比べると、ママチャリしか乗ったことが無い人が乗ると 少しフラフラと安定させにくい感じがすると思います。

ただ15分~30分ほど乗るともう慣れます。

そして少し前傾がきつくなった事により、サドルにかかる体重がペダルやハンドルに分散されやすくなり、長時間乗ってもお尻が痛くなりにくくなりました。

同じブランドのライトウェイで販売されている、700Cサイズでサイズ展開を行っているシェファードシティについてのインプレッションはこちら



スポンサードリンク


シェファード2019年モデルのスペックシートをチェック

シェファードインプレッション

フレーム

6061アルミ素材でクロスバイクフレームとしては一般的。

ハイドロフォーミングは使われていないので、丸パイプをつなぎ合わせたシンプルな形状です。

ダウンチューブにはボトルケージが取り付けられる穴がついているのが珍しいです。

特に小さいフレームサイズはボトルが1本しか取り付けられないクロスバイクが多いので、地味に嬉しい機能です。

フレームとフロントホイールをつなぐフォーク

シェファード フロントフォーク

今までのシェファードシティーはクロモリの重いフォークでしたが、新しいシェファードはアルミ素材になって軽量化されました。

さらにステアリングのベアリングはインテグラルヘッドセットという謎の豪華仕様です。

そのおかげでフロント周りはかなりすっきりした印象。

普通のクロスバイクのヘッドセットだとこうなりますので、フォークとフレームの継ぎ目に黒い線が横に入ってしまいます。

シェファードヘッドセットの違い

5万円台のクロスバイクだとジャイアントのエスケープやジオスのミストラルがありますが、どれも鉄フォーク+ノーマルアヘッドベアリングです。

キャリアを取り付けられる台座がついているので、拡張性も高いです。

前ギアのギアクランク

ライトウェイ シェファード クランク

LUSCOブランドのシングルクランクを装備。

クランクアーム、リングガード両方ともポリッシュ加工をしているので、かなり高級感があります。

ほとんどのシングルクランクは下の写真のようにリングの仕上げが安っぽいのですが、シェファードは全体がピカピカです。

クロスバイク クランク注目点はクランクの長さのバリエーション。
特に小さいサイズのフレームは160mmのクランクを採用してして、しっかり日本人の体格にフィットさせるために設計しているのが分かる。

メジャーブランドのクランク長バリエーション

ブランド モデル名 クランク長
ジャイアント  エスケープR3 165/170
ビアンキ  CSPORT1 170/175
ビアンキ  ローマ4 165/170/175
ブリヂストン  F24 170
コーダブルーム レイル700 170/175
コーダブルーム レイル700A 170
トレック FX1 記載なし
ライトウェイ シェファード 160/165/170
ライトウェイ シェファードシティ 170/175
ジオス ミストラル 170
フジ パレット 170/175
キャノンデール クイック7

フロントシングルクランクのデメリット

→変速の幅が狭い

ジャイアントのエスケープのような28/38/48Tというトリプルクランクはかなり軽いギアが選択できます。

シェファードの歯数は700Cホイールが46T、26と24は48Tになっているので、ハイスピード側のギアはフロントトリプルのクロスバイクとそれほど変わりません。軽いほうのギアの選択肢が少ないです。

実際は街乗りだと3枚ギアがあってもフロントは48T固定で、小さいギアは使いません。

リアの変速だけで、坂も平地も走れてしまいます。

フロントの変速が必要なのは峠のような急坂を登る時です。

普段の生活の中にママチャリではどうやっても登れないような坂がある場合はフロントトリプルのクロスバイクを買った方が良いです。

フロントシングルギアのメリット

ギアと変速機、変速レバーが無いので、重量が軽くなります。

ハンドル周りも余計なレバーがなくなりすっきり見えます。

最大のメリットはチェーンが外れることが無いことです。

フロントに変速があると必ず発生するのがチェーン落ちです。

ギアからチェーンが外れてしまうと、手を真っ黒にして戻さないといけないので、かなり面倒です。

シングルギアの場合はチェーンガードに挟まれているので、まずチェーンは落ちません。

安心して走ることができます。

変速機のグレードと性能の関係について詳しくはこちら

 間違えると寿命が縮まる!クロスバイクの正しい変速操作の方法



スポンサードリンク




スポンサードリンク


ペダルの回転を支えるBB

外観からはわからない所ですがSHIMANO UN26 が使用されています。

BBは最も負担がかかるパーツなので、きしみやガタつきがでやすいパーツです。

ここをシマノパーツで手を抜かいないのは良心的。

TOKYOBIKEはノーブランドで表記なし(中を開けるとPOWERWHEEL)、ジャイアントのエスケープは台湾系のVP BC73 、7万円クラスのトレックのFX 3でもノーブランド品を使っています。

コストカットしやすい部分なので、ほとんどのメジャーブランドが安いパーツを使っています。

ブレーキセット

SHIMANO BR-T4000 Vブレーキを装備。

こちらもシマノブランドのミドルクラスで、カチッとした安定感のある効きが特徴です。

他のブランドでは6万円クラスにならないとシマノブレーキはスペックされないので、コスパの面でも優秀です。

海外ブランドのミドルクラスでもテクトロの安いモデルがスペックされているのが一般的で、以下のモデルよりも上の価格帯にならないとシマノのBR-T4000は装備されません。

79000円のトレックFX3 Tektro alloy linear-pull

57000円のエスケープRX4 TEKTRO 857AL

楽天で上位のクロスバイクを見ても、シマノブレーキ+シマノBB+シマノハブという組み合わせはほぼ見当たりません↓

楽天で人気のクロスバイクランキング

後輪側のギア

変速の幅を決めるカセットスプロケットはワイドギア SHIMANO CS-HG41/31 カセット (11-34T)を装備。

一番小さいギアが歯数11個、大きいギアが歯数34個という意味です。

同じフロントシングルのTOKYOバイクターンのクラッチは11-32Tなので、ワイド側のギアが大きく、軽いギアで走れます。

 回転を支えるハブとホイール

ここもBBと同じくコストダウンされやすい所ですが、前後ともシマノのTX500ハブが採用されています。

シェファードハブ性能 2018

ターンのクラッチジャイアントのエスケープなどはそもそもハブのスペックを非公表、ビアンキのカメレオンテなどは公表していますがFOMULAのハブでコストダウンされています。

ハブも常時回転していてトラブルが発生しやすい所なので、高品質なシマノ製のハブをスペックしたモデルを選びたい所です。

特にリア側はギアのフリー機構が内蔵されているので、より不具合になる可能性が高く、修理交換の際も1万円ほどの費用が必要になってきます。

大体保証期間が過ぎた2年目ぐらいから発生しやすい不具合なので、ハブのスペックは慎重に選びましょう。



スポンサードリンク


タイヤ

クロスバイクとしては太めの38C幅タイヤが装備されています。

タイヤが太いと乗り心地が良く、安定感があるので乗りやすいことがメリットです。

特に初心者は太いタイヤで初めて、慣れてきたら細いタイヤに変える方が安全面でもおすすめ。

28Cと比べると38Cは乗りやすさが全然違います。

デメリットは加速が重いことですが、いったんスピードに乗ってしまえば気になりません。

他ブランドとのタイヤサイズ比較

ブランド モデル名 価格 タイヤ幅
ジャイアント  エスケープR3 ¥52,000 32
ビアンキ  CSPORT1 ¥59,800 ☆35
ビアンキ  ローマ4 ¥75,000 28
ブリヂストン  F24 ¥52,800 32
コーダブルーム レイル700A ¥45,000 32
トレック FX1 ¥45,000 ☆35
トレック FX2 ¥57,000 ☆35
ライトウェイ シェファード ¥56,000 ☆38
ライトウェイ シェファードシティ ¥57,800 ☆35
ジオス ミストラル ¥51,000 28
フジ パレット ¥57,000 28
キャノンデール クイック7 ¥55,000 ☆35
トーキョーバイク 26 ¥68,000 1.15(28C)
フジ ライズ ¥59,000 32
スペシャライズド シラス ¥58,000 32

付属パーツ

スマホ用の取り付けパーツが標準装備されているのはうれしいですね。

ライトウェイバイク シェファード スマホマウント

とても簡単に使えるので評判も良いようです。ルサイクさんでインプレされています。

あとはセンターキックスタンドも付属します。

フルスペック表

フレーム Niauデザイン 6061アルミ合金
フォーク Niauデザイン 6061アルミ合金
ヘッドセット VP 1-1/8″ 41mmインテグラルアヘッド
リム ALEX DM-18 ダブルウォール CNCサイド アルミ合金 700C(622) / 26″(559) / 24″(507)
タイヤ アーバンクルージングスリック 700x38C / 26″x1.5″ / 24″x1.5″
フロントハブ SHIMANO HB-TX500 QR
リアハブ SHIMANO FH-TX500 QR
ギア数 1×8=8段変速
クランク LASCO ARTリングガード アルミ合金
歯数:700C(46T) / 26″24″ (48T)
クランク長:700C(170mm) / 26(165mm) / 24(160mm)
スプロケット ワイドギア SHIMANO CS-HG41/31 カセット (11-34T)
BB SHIMANO UN26 (68-117.5mm)
シフター SHIMANO SL-M310
フロントD –
リアD SHIMANO ALTUS RD-M310
ブレーキ SHIMANO BR-T4000 Vブレーキ
ハンドル KALLOY アルミ合金 560mm幅、15度
ステム KALLOY アルミ合金 OSアヘッド 17度
ステム長 700C(110mm) / 26(90mm) / 24(90mm)
グリップ RITEWAY KAITEKI エルゴノミック
サドル RITEWAY 3層構造 マシュマロ サドル
シートポスト KALLOY アルミ合金 27.2mm径、300mm長
ペダル VP コンパクト アルミ合金ペダル
付属品 ベル
センターキックスタンド
アルミバルブキャップ
スマートフォンマウント

サイズの選び方

フレームサイズ一番最初に書いたようには3サイズで460(24インチ)、510(26インチ)、570(700C)とフレームサイズ毎にホイールサイズが異なります。

同じフレームサイズ展開のジャイアントのエスケープと比べると身長のレンジが低身長向けに振られていて、サイズのターゲットも狭いです。

エスケープは1サイズあたり身長幅15cm、シェファードは1サイズあたり10cm。

1サイズ15cmは他のクロスバイクを含めて一般的な数値ですが、ライトウェイのシェファードは10cmでかなり狭めです。

より適応身長を狭くすることで本当の乗りやすさを追求しているようです。

シェファードはトップチューブが地面と水平なホリゾンタルフレームなので、フレームサイズの表記が一般的なスローピングフレームと異なるので注意が必要です。

フレームサイズの数値だけ見るとものすごい大きなフレームに見えますが、実際はそうではありません。

シェファードのフレームサイズと適応身長

  • 460(24インチ)=150〜160cm
  • 510(26インチ)=160〜170cm
  • 570(700C)=170〜180cm

エスケープR3のフレームサイズと適応身長

  • XS430=155〜170cm
  • S465=160〜175cm
  • M500=170〜185cm

一番大きなサイズだとシェファードが570mm、エスケープが500mmでかなり違います。

このサイズはサドルが挿入されているシートチューブという長さの表記なので、ホリゾンタルフレームのシェファードは長くなっているのです。

下の写真を見るとシェファードとエスケープのフレーム形状差が分かります。

エスケープの方がサドルに向けてぐいっと下がっていることが分かります。

好みの問題ですが、伝統的なホリゾンタルフレームの方がカッコいいですね。

シェファード 2018
シェファード
エスケープR3

例えばサドルからハンドルまでの距離を決めるHTTLという数値は430サイズのエスケープR3が525mmに対して、シェファード460サイズは520mmなので、実際はシェファードの方がハンドルが近くて、小さい人に乗りやすいフレームだと言えます。

また下で選ぶ

身長はあくまで目安です。

同じ身長でも手足の長さは個人差が非常に大きく、自転車の乗りやすさは手足の長さで決まります。

そのため、また下を基準にサイズを選ぶのが正解です。

日本人の体格を研究してジオメトリーを設計しているからか、シェファードは最小股下長も掲載されていて親切です。

また下の計測方法は以下のサイトで紹介されている地面に寝る方法が簡単です。

http://www.daddo.jp/?p=13057

シェファードの評判

riteway shepherd 2018

自転車情報サイトでのインプレ

シクロワイアード http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/233434
評価:ロードバイクの40°前後という深い前傾姿勢との中間に位置する傾き具合をターゲットとすることで、お尻への負担を10%も軽減することに成功した。従来のクロスバイクよりもスポーティーだが快適となり、ロードバイクほど前傾がきつくないため、ビギナーにもオススメしやすい。

サイクリスト http://cyclist.sanspo.com/343017
評価:ロードバイク乗りが満足できる乗り味。アーバンライドに最適なシンプル&クールなクロスバイクとして、このギヤ設定で満足できる。細部を見れば見るほどマニアックな作り。でも、その結果としては非常にシンプルな一台になっているのが面白いところ。

自転車店の評価

バイクリブス
24インチ・26インチ・700cと身長に応じてホイールサイズが違うSHEPHERDなど新提案な自転車もあったりと、広い視点でユーザーをフォローしようとする姿勢は素晴らしいですね(・ω<)b

ハンドルも手前に15%角度がついており、自然な手の角度で乗って頂けます。このハンドルは良いですね〜
ベースロケットパンチ
『シェファード』として24インチのホリゾンタルルックな車種を新たに投入です
小柄な女性にうれしい仕様はさすがの日本ブランドです。
シロカゼストア
近距離を走るときは楽ですがお尻に自重が大きくかかるため、少し距離を乗るとお尻が痛くなりやくなるのですが、その問題を身長に合わせてホイールを変えることで解決しようと考えた結果この3タイプのホイールを採用することにしたそうです。

これで身長に合わせて適度な前傾姿勢をとれるようになり、お尻への負担を分散し距離を楽に走れるようになるそうです。
女性の方でスポーツバイクに初めて乗る方は是非シェファードをご検討ください。

まとめ

日本人向け、街乗り専用に作られたライトウェイのシェファードは通勤、通学、買い物にピッタリなクロスバイクです。

特に身長150cm~160cmの人には今までに無かった24インチホイールで本格的な大人用クロスバイクが選べるので、無理やり700c(27インチ)のクロスバイクよりもこちらのほうがおすすめです。

シェファードのインスタグラム投稿

View this post on Instagram

lipit_ischtarさん(@lipit_ischtar)がシェアした投稿

View this post on Instagram

RITEWAYさん(@riteway_bike)がシェアした投稿

View this post on Instagram

RITEWAYさん(@riteway_bike)がシェアした投稿

View this post on Instagram

lipit_ischtarさん(@lipit_ischtar)がシェアした投稿

View this post on Instagram

RITEWAYさん(@riteway_bike)がシェアした投稿

シェファードに取り付けられるオプションパーツ

フェンダー 簡易ブレーキ取り付けタイプ →取り付けOK

ロードバイク フェンダー

簡易タイプはシートポストやブレーキマウントなど、1点だけで取り付けるタイプの泥除け。

雨の日に走るなら必須のパーツです。

下のフルタイプと比べて前方のカバー面積が少ないので時速30km以上で水たまりに入ると顔に泥水が飛んでくるのがデメリット。

取り外しはワンタッチで簡単にできるので、雨の日だけ使用することができます。

おすすめはBBBブランドのロードプロテクター。

他のフェンダーに比べて揺れないように補強が入っているので、簡易フェンダーですがしっかり取り付けできます。
値段も2000円以下なので良心的。

bbb ロードプロテクター クロスバイク用泥除け

BBB ロードプロテクターの最安値をAMAZONで見る

BBB ロードプロテクターの最安値を楽天で見る

簡易フェンダーについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・フェンダー フルタイプ →取り付けOK

ロードバイク フルフェンダー

.フレームのダボ穴を使用して固定するタイプの泥除け。

取り付けられる車種はフレームとタイヤのクリアランスとダボ穴があるモデルに限られますが、ほぼ飛び散りが無いので安心して使えます。

おすすめはサイクルデザインのフルフェンダー

BB、シートステー、ステー1、ステー2の4点止めなので、振動が発生しにくく、しっかり固定できます。

価格も3000円程度なので安い部類です。
値段なりのプラスチックの安っぽさがデメリット。

サイクルデザインのフルフェンダーの最安値を楽天で見る。

サイクルデザインのフルフェンダーの最安値をAMAZONで見る。

フルフェンダーで高級感を求めるならアルミのフェンダーを選びましょう。

アルミフェンダーのおすすめはディズナのロードフェンダー。

サイクルデザインと同じ2本ステータイプなので安定性が良いです。

アルミは樹脂のフェンダーよりも曲がったり、傷がつきやすいのがデメリットですが、取り付けた時の高級感は樹脂よりもかなり良いです。

ディズナロードフェンダー クロスバイク用

ディズナ ロードフェンダーの最安値をAMAZONで見る。

ディズナロードフェンダーの最安値を楽天で見る。

フルフェンダーについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・リアキャリアフレーム固定タイプ →取り付けOK

ロードバイク リアキャリア

フレームのダボ穴に固定するタイプの重い荷物に対応するキャリア。

3点で固定するので、20kgを超えるような荷物でも使える。

多少横から当たってもずれることもありません。

取り外すのは手間がかかるので、基本的につけっぱなしで使う。

パニアバッグを使うこともできます。

フレーム固定式リアキャリアについてさらに詳しく


・リアキャリアシートポスト固定タイプ →取り付けOK

ロードバイク シートポストリアキャリア

シートポストのみで支えるタイプのキャリア。

1点だけで固定するので10kg程度が限界。

小さな荷物をくくりつけて使います。

パニアバッグが使えないので、あまり大きな荷物は積めません。

重心も高くなるので、やや乗りづらい。

取り外しは簡単です。

おすすめはトピークのMTXのVタイプ。

重心が高いという欠点を改良するために、シートポストからキャリアにかけて下に下がったデザイン。

タイヤぎりぎりまで荷物を近づけられるので、安定性が高いです。

*身長150cm台の人は元々シートポスト位置が低いので、通常の下がっていないタイプで大丈夫です。

トピーク MTXビームVタイプの最安値をAMAZONで見る。

トピーク MTXビームVタイプの最安値を楽天で見る。

シートポストキャリアについてさらに詳しく


・前かご →取り付けOK

ロードバイク 前かご

前かごを取り付けるにはフロントキャリアが必要になります。

キャリアはブレーキマウントとフォーク穴にネジで固定して、その上にカゴを乗せます。

荷物の取り出しはしやすいですが、ハンドル操作に大きく影響するので、2kg以上の重いものを入れる場合はクロスバイクにはあまりおすすめしません。

クロスバイクに前かごが危険な理由

取り外しするならハンドルバーブラケットかご

ハンドルへの固定に専用の金具を用いて固定するタイプは取り外しが簡単です。
ブレーキ取り付け前カゴに比べてシンプルな見た目にできます。

クロスバイク かご OGK おすすめ

FB-005AX(ATBバスケット)

耐荷重は非公表ですが、2kg程度。

ハンドルに引っ掛けるタイプよりは頑丈で、グラグラした感じは少ないです。

もっとカチッとつけたい場合は上下で固定するタイプがおすすめです。

前かごFB-005AXの最安値を楽天で見る

前かごFB-005AXの最安値をAMAZONで見る

ブレーキとフォークで上下に取り付けるカゴの方が丈夫

ブレーキとフォークのネジに台座を固定し、その上にカゴを取り付ける方法。
前カゴとしては、かなり安定感のある固定が可能です。

上記のようなフロントキャリアとカゴを組み合わせて取り付けます。

上記のアキワールドフロントキャリアで2500円です。

ワンタッチタイプに比べて種類が豊富なので、アルミのカゴや木製の板がついたカゴなど、たくさんの種類から選べます。

クロスバイクのフロントキャリアをAMAZONで見る

クロスバイクのフロントキャリアを楽天で見る

標準的なスチールワイヤーかご

スチールワイヤーカゴは一番価格が安く、1000円~2000円で買えます。
価格が安いのですが、結構重い割に1本づつの線が細いので変形しやすいのがデメリットです。
何かに当たった拍子に簡単に曲がってしまいます。
カラーは鉄にビニールコーティングをした黒色がほとんどです。

質感はあくまでママチャリ風です。

おすすめはマイパラスのバスケット

キャリアもセットで2000円台なのでお買い得です。
カゴが低く抑えられているのでブレーキにも干渉しづらくクロスバイクへの取り付けも簡単です。

マイパラスフロントバスケット クロスバイク用

マイパラス ATBバスケットの最安値をAMAZONで見る。

マイパラス ATBバスケットの最安値を楽天で見る。

アルミワイヤーかご

スチールに比べてメッシュの間隔が広く、ママチャリ感がでにくいのがポイント。

ワイヤーが太いので、スチールに比べてかなり頑丈です。
しかも重量はスチール800gぐらいですが、アルミは500gと軽量。

ママチャリっぽいビニールコーティングではなく、金属感のあるアルマイト仕上げなので、カゴをつけても安っぽくなりません。

デメリットは目が粗いので、細かい荷物は落ちるので入れられません。
価格もスチールの2倍はします。

おすすめはパルミーのアルミバスケット

クロスバイク用に上部がカットされているので、取り付けがスムーズです。

見た目のシンプルでスポーティーなイメージを崩しません。

パルミー アルミワイヤーバスケットの最安値を楽天で見る。

パルミー アルミワイヤーバスケットの最安値をAMAZONで見る。

リアルウッドタイプ

底面に本物の木が張り付けてあるタイプ。

アルミのフレームに木を張り付けてオシャレさをさらにアップさせています。

リアルウッドバスケットはガモーブランド一択です。

リアルウッドは雰囲気があるのですが、雨に濡れると板が反ってきたり、腐ってくるのがデメリット。
基本屋内保管で雨の日は乗らない人向けです。

ガモーキングキャリアジュニアの最安値を楽天で見る。

GAMOH キングキャリアー ジュニア をAMAZONで見る。

人工樹脂タイプ

底板が人工ウッドでできているタイプのバスケット。

人工樹脂タイプはライトウェイのアーバンバスケットがおすすめ

ライトウェイ フロントバスケット

ほとんどのクロスバイクに取り付け可能で、キャリアも一体なので見た目も良いです。

固定方法もVブレーキ台座に固定するので、ほとんどのクロスバイクで使えます。

リアルウッドではありませんが、パッと見では見分けがつかないほど丁寧に作られています。雨に濡れても反ったり腐ったりしないので、日本の天候を考えると長く使えます。

シルバーカラーも選べるので、自転車のコーディネートの幅も広がります。

ライトウェイのアーバンバスケットの最安値を楽天で見る。

買い物に便利なワイドで重量物もOKのハンドルバー一体型

かなり丈夫で、大型なカゴがついているので、大きな荷物にも対応。

しっかり固定されるので、ハンドルもフラフラしにくいのもメリット。

ハンドルの価格も含まれるので、値段は高めで7000円程度。

ドッペルギャンガーのバイクシェルパはこのタイプでは一番価格が安く5000円台。
ハンドル高さも2段階で調整可能。

ステムに固定するバーが2つついているので、ハンドルを高い位置につけた時は上のバーが少し邪魔なのが難点。

DOPPELGANGER バイクシェルパをAMAZONで見る。

DOPPELGANGER バイクシェルパを楽天で見る。


・フロントライト →取り付けOK

自転車 ライト

ハンドルバーに取り付けるライトはほぼ全てのクロスバイクに取り付け可能です。

1000円台は電池式、2000円台からリチウム充電式になります。

毎日通勤で使うなら乾電池のランニングコストを考えるとリチウムイオン充電式を選びましょう。

明るさを示す指標としてルーメン、カンデラという単位が使われています。

ルーメンは光源全ての明るさ、カンデラは照射されている部分の一番強い部分の明るさです。

20ルーメンから1600ルーメンまでかなり明るさに幅があります。

都会を走る人でも暗い裏道を走ることを考えると、200ルーメン以上の明るさがあるものを選びましょう。

200ルーメンモデルは価格も3000円程度で手ごろな価格の割に電池の持ち時間も長く、バランスが一番良いです。

一番おすすめはキャットアイのボルト200

キャットアイ ボルト200 クロスバイク用ライト

日本の自転車ライトの専業メーカーで、スペック通りの明るさはもちろん、電池の持ちもスペック通りです。

もっと安く売られている懐中電灯型のライトなどは、200ルーメンと書いていながら半分の明るさしか無かったり、電池が30分しか持たないなど、粗悪品が多いので注意が必要です。

キャットアイのボルト200の最安値をAMAZONで見る。

キャットアイのボルト200の最安値を楽天で見る。

フロントライトについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・リアライト →取り付けOK

ロードバイク テイルライト

シートポストやシートステーに取り付けるライト。

後方からくる車に存在をアピールします。

5000円以上する高価な明るいモデルもありますが、2500円ぐらいの物で十分視認されます。

価格が高くて高輝度なモデルは電池の持ちも悪く、後方車両からまぶしいのであまりおすすめしません。

おすすめはキャットアイのラピッド3オート

照度センサーと振動センサーが内蔵されているモデルです。

ボタンを押さなくても、暗くなって乗り始めると勝手にスイッチがオンになるので、付け忘れの心配もありません。

左右からの視認性も良く、ブラケットも取り付けやすいので、一番おすすめのテールライトです。

キャットアイ RAPID3 AUTOの最安値をAMAZONで見る。

キャットアイ RAPID3 AUTOの最安値をAMAZONで見る。

リアライトについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・サドルバッグ →取り付けOK

roadbike サドルバッグ

サドルの下に紐で固定するタイプのバッグ。

500mlペットボトル1本分ぐらいの容量で常時携帯する修理セットを入れます。

中身はチューブ、タイヤレバー、ポンプ、ミニツールが定番です。

人によっては小銭やガムテープも入れます。

Mサイズだと結構狭いので、Lサイズの方が使いやすいです。

おすすめはトピークのエアロウェッジバッグ。

防水性が高く、サドルの裏側にフィットするカーブデザインで、Lサイズでも収まりが良いのでおすすめです。

トピークエアロウェッジバッグ クロスバイク用サドルバッグ

TOPEAK エアロ ウェッジパックの最安値をAMAZONで見る。

TOPEAK エアロ ウェッジパックの最安値を楽天で見る。

大型サドルバッグ

最近流行の大きな荷物を持つツーリングスタイル、バイクパッキングバッグもクロスバイクに取り付けることができます。

普通のサドルバッグの10倍の容量があるので、1泊2日のツーリングを想定している方はこちらを選びましょう。

重心が高くなるので、フレームバッグと組み合わせて使うのが基本です。

おすすめはブラックバーンのサドルバッグ

値段は12000円と高めですが、ブラックバーンのサドルバッグは固定力が高くて、大雨でも浸水してこないのでおすすめです。

ブラックバーン サドルバッグ クロスバイク

ブラックバーン シートパックの最安値をAMAZONで見る。

ブラックバーン シートパックの最安値を楽天で見る。

サドルバッグについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・トップチューブバッグ →取り付けOK

ロードバイク フレームバッグ

ハンドルの手前に取り付けるバッグ。

サドルバッグと違い、すぐに取り出せるので、サイフや地図、補給食などを収納しておきます。

物によってはペダリング中に足に当たるので、選定には注意が必要。

おすすめはトピークのフューエルタンク

防水性も高く、型崩れしずらいのでお勧めです。

形状も細身なので、小柄な人でもペダリングンの邪魔になりません。

スマホが操作できる状態で収納できるモデルもあります。
スマホ収納モデルはペダリングが内股気味だと膝にバッグが当たるので、近距離での使用がおすすめです。

リュウドトップチューブバッグ

リュウド トップチューブバッグをAMAZONで見る。

フレームバッグについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・スマホホルダー →取り付けOK

ロードバイク スマホマウント

ハンドルやステムにスマホを取り付けるためのホルダー。

トップチューブバッグに比べて足にあたる事を考えなくて良く、見やすい位置に固定できるのがメリット。

街乗りで一番使いやすいのはシリコンタイプの簡易ホルダーです。

ハンドルバーに固定式はホームボタンを押すと回転して使いづらいのですが、ステム方式だとそれがありません。

プラスチックで固定するタイプはスマホを固定していないときに結構邪魔なので、そちらもおすすめしません。

これのデメリットは雨に弱い所ですが、最近のスマホはiPhone含めて防水仕様になってきているので、少しぐらいの雨なら大丈夫になってきました。

おすすめはライトウェイのステム固定式

1500円程度で価格も安く、カバーを取り外さずにそのまま使えるのが普段使いにはうれしいです。

クロスバイクスマホマウント

RITEWAYスマートフォンホルダーの最安値をAMAZONで見る。

RITEWAYスマートフォンホルダーの最安値を楽天で見る。

強い雨の日も使う場合は全面を覆うタイプのホルダーの方が安心です。

全面タイプはカバーを外して使わないといけないのが面倒ですが、雨に強くいので安心です。

おすすめはトピークのドライバッグ

スマホの収まりが良く、ハンドルに固定するブラケットもしっかりしているので、落下の心配が無いので安心です。

トピーク スマホドライバッグの最安値をAMAZONで見る。

トピーク スマホドライバッグの最安値を楽天で見る。

自転車用スマホホルダーについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・ビンディングペダル →取り付けOK

ロードバイク ビンディングペダル

スキーのようにシューズとペダルが離れないようにするためのペダル。

ロードバイクの定番パーツですが、クロスバイクでも使えます。

MTB用のSPDシステムビンディングが歩きやすくておすすめです。

クロスバイクだとスニーカーで走ることもあるので、片面はビンディング、片面は普通の踏み面のペダルが使いやすいです。

おすすめはシマノのPD-A530

軽量で、価格も5000円程度なので一番値ごろ感のある片面式ビンディングペダル。

クロスバイク用ビンディングペダル SPD

シマノPD-A530ペダルの最安値を楽天で見る。

シマノPD-A530ペダルの最安値をAMAZONで見る。

SPDペダルには専用のビンディングシューズが必要です。

ソールの裏面に金具を固定する穴が開いています。

クロームのSPDシューズがおすすめ

そのままカフェに入っても違和感が無いおしゃれな見た目。

ソールも柔らかめなので歩きやすいのも魅力です。

13000円前後で買えます。8000円程度の安いシューズもありますが、見た目は断然クロームがオシャレです。

クローム SPDシューズ

クロームのSPDシューズの最安値をAMAZONで見る。

クロームのSPDシューズの最安値を楽天で見る。

ビンディングペダルについてさらに詳しく書いた記事はこちら。


・キックスタンド →取り付けOK

キックスタンド パーツ

フレームを挟み込んで取り付けるスタンド。

自転車のフレーム形状によっては上手く取り付けられないことがあるので、汎用性の高いスタンドを選ぶのがポイントです。

おすすめはサイクルデザインのロングクランプタイプ

フレームに取り付けるアームのが長く、調整幅も広いのでディスクブレーキ付きのクロスバイクでも問題なく取り付けられます。
地面に接する部分も面が広いので安定性も高いです。

クロスバイクキックスタンド サイクルデザイン キックスタンド

サイクルデザイン ロングクランプスタンドをAMAZONで見る。

サイクルデザイン ロングクランプスタンドを楽天で見る。

キックスタンドについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・スピードメーター(サイクルコンピューター) →取り付けOK

スピードメーター サイクルコンピューター

走っている現在のスピードや走行距離を計測してくれるパーツ。

ハンドルに固定していつでも確認できます。

スマホでも同じことができますが、電池の持ちなどを考えると専用モデルがおすすめです。

シンプルな有線式だと2000円ぐらいから買えますが、単純に速度を計測したり、積算距離をモニター上で確認しかできません。

せっかくサイクルコンピューターを使うなら、スマホと連携してクロスバイクライフを管理したいですね。

高機能モデルはガーミンのエッジ25Jがお勧め。

クロスバイク用サイクルコンピューター 

エッジ25JはGPSを本体に内蔵しているので、余計なケーブルやマグネットなどが不要で、そのまま取り付けるだけの簡単セッティング。

距離、標高、体重などのデータを基にカロリー計算を行ってくれて、そのデータをスマホのアプリで管理できます。

簡易ルート機能もあるので、事前に設定したコースをナビゲーションすることもできます。

オプションで心拍センサーとも連携できるので、正確なカロリー計測も可能です。

これだけ機能があって15000円なので、かなりお買い得です。

GARMIN エッジ25Jの最安値をAMAZONで見る。

GARMIN エッジ25Jの最安値を楽天で見る。

サイクルコンピューターについてさらに詳しく書いた記事はこちら


・ベル →取り付けOK

自転車 ベル

素材によって音色が異なります。

安いアルミ素材は響きがイマイチ。

真鍮のベルは透き通った良い音がします。

おすすめはKNOGのOIベル

今までのベルと違って、ハンドルバーに巻き付けるタイプでスッキリとした見た目になります。

knog クロスバイク用ベル

2500円と普通のベルの倍以上しますが、ベルの装着は義務なので、このタイプが一番おすすめです。

KNOGのベルの最安値を楽天で見る。

KNOGのベルの最安値をAMAZONで見る。


・バックミラー →取り付けOK

交通量の多い道を走るなら取り付けておきたいパーツです。

腕に巻くタイプ、ハンドルの端っこにさすタイプや、バーエンドと一体になったタイプなど、固定方法は様々です。

一番おすすめはキャットアイのBM-500G

昔からあるシンプルなタイプですが、固定がしっかりしているので、ミラーが振動せずに後方がしっかり見えます。

右側への出っ張りが少ないので、細い所をすり抜ける時も安心。

キャットアイのBM-500Gの最安値をAMAZONで見る。

キャットアイのBM-500Gの最安値を楽天で見る。


・ドリンクボトル用ボトルケージ2本 →取り付けOK

ボトルケージ ロードバイク

走りながら水分補給ができるように、水筒をフレームに固定するためのパーツ。

基本は専用ボトルを使いますが、ペットボトルが使えるモデルもあります。

最低2個はボトルケージを固定する穴があるので、1個はドリンク、1個は工具入れにする人も多いです。

おすすめはトピークのモジュラーケージ

専用の自転車ボトルもペットボトルも両方使えるアジャスタブル機能があるので便利。

TOPEAKモジュラー ケージの最安値をAMAZONで見る。

TOPEAKモジュラー ケージの最安値を楽天で見る。

ボトルケージに入れるボトルはペットボトルよりも飲みやすくて、保冷力のあるサイクルボトルをメインにすると快適です。

おすすめはキャメルバックのポディウムボトル

保冷力が高く、本体が柔らかいので簡単に飲めます。

特殊な飲み口になっているので、いちいち蓋を開け閉めしなくてもすぐに飲めるのでストレスがありません。

CAMELBAK ポディウムチルの最安値を楽天で見る。

CAMELBAK ポディウムチルの最安値をAMAZONで見る。

似たコンセプトのクロスバイク

他のフロントシングルクロスバイク例

ターンのクラッチ¥51,000
650Cサイズのタイヤを装備したスタイリッシュなアーバンクロスバイク
詳しくはこちらのページで紹介しています。
https://crossbike.biz/wpdata/clutch/

TOKYOBIKE¥66,000
クラシックな外観のかわいいクロスバイク
詳しくはこちらのページで紹介しています。
https://crossbike.biz/wpdata/tokyobike-26/

カラミータ チャオ¥58000

ライトウェイオフィシャルサイト

ライトウェイ シェファード2019年モデルを買ってよいか考える
平均4.5 (90%) 6 投票数s